ミヤマキリシマ咲く、雲仙普賢岳へ

5/26からフェリー利用で九州の山旅に行ってきました。
今回は雲仙普賢岳(標高 1359.3m)です。
参加者42名と添乗スタッフ4人の総勢46名の大所帯なので、2班に分かれました。

今から20年ほど前の大爆発で火砕流が発生し、大きな被害が出たお山で、
今は平成新山(標高 1486m)が出来て雲仙岳最高峰ですが、今も登山禁止となっています。
その平成新山を見ながら、妙見岳、国見岳、普賢岳を登ってきました。
丁度ミヤマキリシマが見頃でした。

大阪南港からフェリーで新門司港に向けて出航
明石海峡大橋を見ながら、1人でビールを傾ける
a0078106_14131055.jpg


早朝5時半に新門司港に到着、バスで登山口まで移動
仁田峠からロープウェイに乗り妙見岳に到着。

あたりはミヤマキリシマが咲き、今日の登山が楽しみです
a0078106_14135531.jpg

途中の展望台から荒々しい平成新山がよく見え、あれから20年が経過したんだなぁ~と、当時のテレビのニュースを思い出しました
妙見神社に安全登山をお願いし、国見岳に向います。
a0078106_14142320.jpg

斜面にはピンクのミヤマキリシマが咲き誇って、丁度見頃のようで歓声が上がっていました。
a0078106_1414399.jpg

a0078106_14152421.jpg

日曜日で登山者も多く、途中岩場・鎖場もありすれ違いが大変です。

分岐まで戻り、紅葉茶屋跡から普賢岳を目指します。
山頂からは平成新山が目の前にデーーンと居座り、迫力満点です。
a0078106_1415228.jpg

何故かワンちゃんも登ってきています
ここから樹林帯の薊谷ルートで下山です。
緑がまぶしい素敵なルートでした。

無事、仁田峠に戻ってきました。

温泉はもちろん雲仙温泉でストレッチの後、新門司港に向います。
途中の高速道路で事故停滞があり、フェリー出航間際でギリギリセーフで滑り込みました。

こうしてまたまたフェリー利用で山旅を楽しむことが出来ました

詳細はヤマレコにアップしました
[PR]

by mum36 | 2012-05-27 14:08 | 山歩き

金環日食

世紀の天体ショウの金環日食を写そうと早朝からおらが山に登り日食撮影のスダンバイ

風が強く、ウィンドーブレーカーを着こんでも寒い

6時過ぎから少しずつ欠け始めるが、6時半頃に空は厚い雲に覆われる
a0078106_13581095.jpg


a0078106_13583120.jpg


a0078106_13584157.jpg

やがて雲が取れて日食眼鏡越しに綺麗な日食を見る事が出来た。

昨夜、薄めのフィルターを作ったので付け替えるが、やはり廃物で作ったフィルターはイマイチ

結局、日食眼鏡で見るのが一番綺麗でした

失敗作ですが、恥を忍んでアップしました

・左の画像の光は日食眼鏡の隙間からの光です
画像補正・トリミングしています

でも、世紀の一瞬を見ることが出来て良かったです
[PR]

by mum36 | 2012-05-21 13:53 | 日記

神戸まつりと言えばサンバでしょう

メインストリートのフラワーロードを各チームがパレードします

可愛い幼稚園児の鼓笛隊もあり、婦人会の総踊りやよさこい踊りもありますが、神戸と言えば『サンバ』のリズムです

a0078106_1441086.jpg


a0078106_1445893.jpg


a0078106_1452092.jpg


a0078106_1463053.jpg


サンバの激しい音楽で羽で着飾ったダンサー達がリズムを踏みながら踊ります。

露出度満点、ちょっとオヤジになったひと時でした(笑)
[PR]

by mum36 | 2012-05-20 14:00 | 写真

白井 大町藤公園

今日はドライブがてら、和田山の白井 大町藤公園に行ってきました

満開を過ぎて、上の方は色が褪せていましたが、何とか見られる状態でした

一昨日NHKで大町藤公園が紹介されたようで、私達が帰る頃には続々とマイカーが詰め掛けていました

そろそろ花も終わり閉園の時期が来たそうです

a0078106_14215111.jpg


a0078106_1422497.jpg


a0078106_14221441.jpg


大町藤公園のサイト
[PR]

by mum36 | 2012-05-16 14:23 | 写真

金剛山 花の谷へ

4/19に続いて花の谷に行ってきました。
約1ヵ月ぶりです。

登山口取り付きの堰堤も出来、またまたルートが変わっていました。
いきなりの急登と下りです。
いつもの小滝に戻ると水場はもうすぐ

ここから一気に花モードに突入、クリンソウ群生地の様子を見たり、ニリンソウ畑は今年は素晴らしいようです
a0078106_14164531.jpg


a0078106_14154956.jpg


そして、ヤマシャクヤクの群生地に入ると沢山蕾を付けた株もあり、随分増えたようで嬉しいです
a0078106_14171139.jpg


そして、サイゴクサバノオはタケコプターをつけていました
a0078106_14184172.jpg

ヤマトグサを見つけて撮影するが、小さくてめまいがしそう~
でもゆらゆら揺れる雄しべのかんざしが可愛い~
a0078106_14172722.jpg

ヤマブキソウの群生地から山頂広場に到着
a0078106_1417436.jpg

下山は新緑が綺麗なタカハタ道を下って帰りました。
a0078106_14192049.jpg

[PR]

by mum36 | 2012-05-13 14:12 | 山歩き

西~東赤石山縦走

山ツアーで四国の西赤石山から東赤石山縦走に参加しました。
当初、西赤石山折り返しルートで申し込んだが、アケボノツツジの開花が遅れていたので、東赤石山までの縦走コースに切り替えた(2コース合同で出発)

5/7夜、南港フェリー乗り場より四国東予港に向け出航
早朝、東予港からバスに乗り日浦登山口から西赤石山目指して参加者21人+ツアーガイドさん3人の総勢24人で出発~

新緑がまぶしい中、旧別子銅山の史跡が残る登山道を歩くと当時の様子を偲ばせる施設跡が沢山残っている。

a0078106_13435736.jpg


綺麗に積まれたレンガ塀の接待所跡や薄い石で積まれた劇場・小学校・精錬所跡等など、日本のマチュピチュと呼ばれているようです。

a0078106_13451534.jpg


そんな中を抜けるとダイアモンド水と呼ばれる水場に出てきた。
こんこんと湧き出る水で喉を潤し、給水をする。

a0078106_13454920.jpg


寛政谷を過ぎ、歓喜間符・歓東間符に到着。
ここは最初に銅鉱石の露頭が見付かった最初の坑口 (歓喜坑)です。

a0078106_13463244.jpg


銅山越から東山の斜面を見るとちらほらピンク色に染まってる部分もあります。

花盛りの頃は全山ピンクに染まるとか。。。

ここから西赤石山目指して一気に登ります

a0078106_13473955.jpg


頭上はミツバツツジやピンクのアケボノツツジが咲き始め、登山道はスミレの花が一杯咲いていました
西赤石山に到着(標高 1626m) 昼食後、東赤石山に向います

ここから参加者16人で5時間のロングコースです

a0078106_1348118.jpg


八巻山の奥に東赤石山が見えてきました

物住頭(標高 1634m) を通過

ここから赤石山荘までは緊張の岩場続きです

a0078106_13491746.jpg


無事通過 ホッ。。。

赤石越にザックをデポして山頂目指します。

a0078106_13493516.jpg


山頂は狭い岩場です(標高 1706m)

ここから筏津の下山口まで2時間の激下りのロングコースです

a0078106_13495584.jpg


もう、ええわ。。。と、言いたくなるほどのルートでしたが、途中、ヤマシャクヤクやイチリンソウなどのお花も見られ、新緑がまぶしいルートでした。

この山域はお花の山として知られ、アケボノツツジが終わったらツガザクラ、アカモノなどの花が見られるようで、それも楽しみですね

また、旧別子銅山の史跡もあり、当時の繁栄振りを垣間見たようです。

総所要時間 9時間 約26,000歩でした

往復フェリー利用で癖になりそうな山行でした

ヤマレコに詳細レポを作りましたのでお時間がある時見てください
[PR]

by mum36 | 2012-05-08 13:15 | 山歩き

トルコの旅 ハイライト

なかなか画像整理がはかどらず、やっと見て頂ける状態になりました。

このツアーでは添乗員さんと現地ガイドさんが付き、各自にイヤホン付きガイドが渡されたので、説明がよく判りました。

① 4/9~4/12 トロイからパムッカレまで
a0078106_11551053.jpg

トロイの木馬 復元
a0078106_11555183.jpg

エフェス遺跡 
a0078106_11561425.jpg

パムッカレ石灰棚

ウェブアルバムです

② 4/13~4/14 カッパドキアからギョレメ野外博物館まで
a0078106_11585288.jpg

三姉妹の岩
a0078106_11594229.jpg

カッパドキア気球からの眺め
a0078106_1213047.jpg

ギョレメ野外博物館

ウェブアルバムです

③ 4/15 イスタンブール編
a0078106_122593.jpg

アヤソフィア
a0078106_1233390.jpg

アヤソフィア内部
a0078106_1242188.jpg

ライトアップされたブルーモスク
a0078106_124486.jpg

内部



音が出ます
アザーンはイスラム教における礼拝(サラート)への呼び掛けのことで、御祈りの時間が近付くとミナレットから独特の雰囲気のアザーンが流れます

ウェブアルバムです

④ 食べ物編

⑤ 番外編

まだまだ手直し部分や間違ってる部分があると思います

興味のある方はご覧くださいね

また、表示しない時はお知らせください
[PR]

by mum36 | 2012-05-06 12:06 |