山陰の旅 出雲大社から日御碕

早朝、出雲大社まで散歩

平成の大遷宮で御本殿等あちこちの建物が修造中で平成25年5月に完成だそうで、大社作りの社殿を見ることが出来ず残念でした

神楽殿の大注連縄はそれは大きなものでした。
a0078106_20523042.jpg

a0078106_20525233.jpg

朝の散歩を終えて、朝食後日御碕に出発です

日御碕神社、灯台、ウミネコの生息地の経島を回り、境港経由で無事帰ってきました
a0078106_2053427.jpg

a0078106_20531575.jpg

a0078106_20532857.jpg

[PR]

by mum36 | 2011-05-24 20:50 |

山陰の旅 温泉津温泉から石見銀山へ

山陰の旅2日目は温泉津温泉(ゆのつおんせん)と石見銀山です。

重要伝統的建造物群保存地区にも指定され、タイムスリップしたような温泉街でした。
a0078106_20433255.jpg

a0078106_20445497.jpg

a0078106_2045971.jpg

その後石見銀山に移動
4年前の8月に行った時は、龍源寺間歩近くまでバスが通っていましたが、今は徒歩かベロタクシーかレンタル自転車しかありません

2008年よりガイド付きのツアー形式で一般公開された大久保間歩に行きたかったが、土日限定のツアーで今回は断念
『大久保間歩の坑内を見学するには、このツアーに事前に予約する必要があります』

雨も止まず、予定していた自転車での移動をあきらめ、往復徒歩となりました。

途中で清水谷精錬所跡に寄り、1時間で龍源寺間歩に到着
a0078106_2045465.jpg

a0078106_20461533.jpg

大森代官所跡、羅漢寺、熊谷家住宅、大森の町並み等を回る
a0078106_20471916.jpg

a0078106_20495221.jpg


【石見銀山遺跡を巡るには】
・石見銀山は大森地区、温泉津地区、鞆ケ浦地区など広範囲に広がっています。各地区は車で移動することになります。

・各地区は歩いて回ることをお勧めします。
特に大森地区、温泉津地区は町並み保存地区に選定されており、見所が沢山あります。

・山吹城跡や釜谷間歩、降路坂など山中にある遺跡へは山歩きが出来る服装が必要です。初めて訪れる場合にはよく道を知っている人に案内してもらうことをお勧めします

現地資料より引用

石見銀山徹底ガイド

帰宅する予定でを走らせましたが、全員一致で出雲でもう一泊することになりました

途中の道の駅から出雲観光協会に電話を入れる
大社近くの旅館を紹介して頂き、のんびり車を 走らせる

気楽な4人ならではの旅です
[PR]

by mum36 | 2011-05-23 20:38 |

山陰の旅 石見神楽編

兄夫婦と恒例となった旅行に行ってきました

今回は私の希望で石見神楽の観賞と兄の希望で石見銀山の龍源寺間歩の見学です。
あいにくのお天気で中国自動車道は土砂降り

お昼前に浜田市の『道の駅ゆうひパーク浜田』に到着
1時から行われる石見神楽を観賞です。
神話の世界を伝える石見地方の代表的伝統芸能です

雨の為、館内での演技となりました。
a0078106_20354113.jpg

浜田市の日脚神代神楽社中の皆さんによる演目は『天神』『恵比寿』『四剣』『大蛇』だったと思います

鳴り止まないリズムと激しい踊りは私達の目を釘付けにしました

石見神楽と言うと大蛇(おろち)が有名ですが、他の演目も素晴らしいものでした。
a0078106_20362548.jpg

また、無料で見られると言うのも良いです

その後、衣装やお面を作っている工房に行き、製作過程を見せて頂きました。
a0078106_20363963.jpg

a0078106_2037292.jpg


その後、今日の宿『きんたの里』に移動
[PR]

by mum36 | 2011-05-22 20:26 |

藤の花を求めて

写友と一緒に丹波の百亳寺(びゃくごうじ)と和田山の白井大町藤公園に行ってきました。

舞鶴道春日ICで下り、R175を通り、1時間半程で到着

丹波の百亳寺(びゃくごうじ)は見頃は過ぎていたので1時間ほど滞在して和田山に移動。
a0078106_22273310.jpg

春日和田山自動車道、遠阪トンネル経由で白井大町藤公園に到着

公園完成は、平成11年5月、公園面積7,000㎡、藤棚総延長500m、藤棚の幅は4mで、山陰随一の藤公園だそうです

この頃から空模様が怪しくなり、到着したとたん、雨、雷、あられの歓迎を受けました

暫く雨宿りをしてると小雨になり、藤棚に移動
a0078106_22275554.jpg

a0078106_22281863.jpg

a0078106_22283432.jpg

a0078106_2229119.jpg

花が雨で洗われ、雫も出来てとても綺麗でした

丁度見頃で写真も一杯写すことが出来大満足でした。

帰りの舞鶴道でもまたまた雨、風になり、お天気運の悪い一日でした

白毫寺のHP

大町藤公園のサイト
[PR]

by mum36 | 2011-05-17 22:22 | 写真

大和葛城山

5人で大和葛城山に行ってきました。
去年、初めて登った天狗谷道のショウジヨウバカマの群生が印象に残っていました。

今回も天狗谷道ルートで登り、ダイトレで下山です。

8:20 水越峠駐車場を出発、谷筋の登山道を登るが蒸し暑く衣服調整
a0078106_22141871.jpg

足元にはミヤマハコベ、スミレ等の可愛い花が咲いています
a0078106_22143329.jpg

丸太階段を登り、9:40 分岐に到着
a0078106_22145470.jpg

ここからショウジョウバカマの群生帯です。
a0078106_2216112.jpg

濃い赤色や朱の強い花もあり、見応え充分です
a0078106_22163356.jpg

ザックを放り出してついに亀出没となりました
ここから先に進みません
おぉ~可愛いねぇ~と口にする怪しいおっちゃん、おばちゃん達です
山頂近くの斜面にはカタクリの群生が見られますが、柵があり近くによることは出来ませんでした

登山道脇で椎茸を売ってたので購入、夕食にバター焼きにして頂きましたが
とっても美味しかったです

そして、Nさんは葛城山に来ると必ず買うと言う『天津甘栗コロッケ』も購入。
熱々で早く食べたいのに、ビールと一緒にと言うことで急ぎ足で展望台へ
a0078106_22171631.jpg

みんなで乾杯~

自然研究路のカタクリも見頃です
ここでも亀の出没で先に進めません
a0078106_22175230.jpg

展望台下のカタクリの様子も見に行くことにします

ここは近くで撮影することが出来るので選り取り見取りです
別嬪さんが一杯で大満足です
a0078106_2218156.jpg

ツツジはまだまだ蕾で、全山真っ赤っか~になるのは今月末頃だと思います

ダイトレ道で一気に下山 15:00頃駐車場に戻りました
道路は停滞なく、スムーズに帰ることが出来ました
[PR]

by mum36 | 2011-05-05 22:07 | 山歩き