やっと5ケ月になりました

孫の奏ちゃん、11/29でやっと5ケ月になりました。
ママはまだまだ大変なようですが、こんな笑顔で笑ってくれます。
a0078106_16385732.jpg

a0078106_1639984.jpg

この笑顔で疲れも吹っ飛ぶのではないかしら

奏ちゃんの成長を楽しみにしてるジィタン・バァタンもいつまでも元気で居なくっちゃ
[PR]

by mum36 | 2010-11-29 16:36 | 日記

和泉葛城山へ

山友3人で和泉葛城山へ行ってきました。
葛城山と言えば大和葛城山を思い出しますが、こちらは本州最南端のブナ林があり、大切に守られていました
何本かルートがあるようですが、枇杷平経由のBコースから登り、下山は宿の谷林道から春日橋に出るAコースでした
a0078106_2371012.jpg

10時前に駐車場から10分ほどアルバイトして登山口に到着。

暫く自然林の急登が続き、お天気は曇りでしたが寒すぎず気持ちの良い登りです。
40分ほどで枇杷平に到着。そこを過ぎると林道に合流

道路右の階段を登るとフカフカ落ち葉の自然林となります。
玉冷泉を過ぎるとブナ林の展望台があります。
a0078106_2384682.jpg

まもなく葛城神社・山頂(標高858m)に到着です
風も出て寒くなってきました。
山頂に似合わない要塞のような展望台がありました
a0078106_239483.jpg

展望台下で昼食の豚の寄せ鍋です
お酒とビールを頂き、ほっこり気分で暖まります~
やはり冬のお山は鍋に限りますねぇ~
a0078106_2392213.jpg

PS:風防は手作りで、パック酒を切り開いて利用しています。
これは風除け、まな板代わりにもなりとても便利ですよ
裏はアルミが張ってある方が良いと思います。
是非、お勧めです

展望台からは紀ノ川、大峰山系が見られるそうですが、展望が悪く、紀ノ川は確認出来ました。
また、茶屋まで行くとドライブウェイと合流、バイクや車で気軽に登れるようです

良い気分になって下山開始
Aコースはブナの自然林の谷沿いのルートです
a0078106_2395274.jpg

途中、名残の紅葉も見られ、とっても綺麗です
下山口まで30分ほどコンクリートの林道歩きがありますが、途中紅葉が見事でした
a0078106_23102983.jpg

a0078106_23101776.jpg

今年は長く紅葉が楽しむことが出来ました

帰りはラドン温泉『滝の湯』に立ち寄り湯 
[PR]

by mum36 | 2010-11-28 23:01 | 山歩き

野路菊の丘

兵庫県花の『野路菊』が須磨区横尾山の山の斜面に見事に咲いています
昨夏、地元住民が雑草が生い茂っていた斜面を整備して姫路市大塩町から挿し芽を譲り受け、植栽して今は群生地となりました

a0078106_23014100.jpg

a0078106_2303213.jpg

a0078106_2305332.jpg

今は2000㎡に2万株が咲いているそうです。

この丘から明石海峡大橋が見渡せます
[PR]

by mum36 | 2010-11-20 22:58 | 日記

紅葉真っ盛りの森林植物園

今年の植物園の紅葉は見事だとの情報で、またまた行ってきました。
こんなに良いお天気なのでじっとしてられません

長谷池周辺は真っ赤っかーーに染まっていました
a0078106_21492541.jpg

a0078106_21495952.jpg

a0078106_21502960.jpg

a0078106_2151732.jpg


数年ぶりに見事な紅葉でした
[PR]

by mum36 | 2010-11-19 21:39 | 写真

芦屋川から有馬瑞宝寺公園へ

紅葉真っ盛りの時期にネット友達と3人で六甲山定番コースを歩いてきました。

平日とあって登山者も少なく、ロックガーデンからの展望もよく大阪湾がキラキラ輝いていました。
a0078106_21311144.jpg

a0078106_21312398.jpg

風吹岩では猪の親子に出会うこともなく、平日で登山者が少ないことをよく知ってるのかなぁ~・・・

ロックガーデンでは良いお天気だったのに途中から曇りや霧雨になったりめまぐるしいお天気です

雨ケ峠を過ぎると登山道脇は綺麗な紅葉が見られます
a0078106_21314932.jpg

うわぁ~綺麗 ええなぁ~ええなぁ~~、うん、ええやろとまるで自分の山のように答える(笑)
a0078106_2133139.jpg

本庄橋から一気に一軒茶屋まで行くつもりが途中の紅葉が見事で前に進みません
a0078106_2133207.jpg

やっと六甲山頂に到着

昼食後、有馬温泉の瑞宝寺公園目指して歩く
a0078106_21334418.jpg


木漏れ日の中、紅葉見ながらなのでなかなか到着しません
a0078106_21352823.jpg

やっと瑞宝寺公園に着いたが、見頃はやや過ぎていましたがまだまだ見頃でした
a0078106_21362188.jpg

a0078106_21363622.jpg

女3人で紅葉見ながら、大笑いしながらの山歩きは楽しかったです
[PR]

by mum36 | 2010-11-18 21:23 | 山歩き

丹波で紅葉三昧

紅葉第二弾は丹波の高源寺・円通寺です。
石龕寺(せきがんじ)白毫寺(びゃくごうじ)と共に紅葉でよく知られてるお寺です。

丹波は今が紅葉真っ盛り

今日はあいにくのお天気で時折霧雨が降り、雨が沢山降ってきたら引き返そうかなぁ~と思っていました

高源寺は紅葉の名所で、ツアーも入り賑わっています。
a0078106_2117558.jpg

a0078106_21182617.jpg


円通寺も丁度見頃で主人と堪能してきました
a0078106_21184161.jpg

a0078106_21191823.jpg


こちらも良い時に行くことが出来、大満足です
[PR]

by mum36 | 2010-11-15 21:14 | 写真

京都・高雄の紅葉

写友と京都高雄の西明寺・神護寺の紅葉巡りに行ってきました。
素晴らしいお天気で絶好の紅葉日和となりました

京都駅からのJRバスは臨時便も出ましたが市内は停滞もなく、50分ほどで槇ノ尾バス停に到着

清滝川にかかる指月橋を渡ると槇尾西明寺です。
a0078106_2132418.jpg

河原から見上げる紅葉の見事なこと
a0078106_2135681.jpg


石段を登ると西明寺本堂です。
ここも紅葉が素晴らしい~
a0078106_2164021.jpg

神護寺までは清滝川沿いに15分ほど歩きます。
長い石段を登るとやっと高雄茶屋に到着

年配者には大変な階段です
やっと茶屋まで到着するとまたまた石段です
a0078106_2185380.jpg

石段の上を見上げるとこれも素晴らしい紅葉です
a0078106_2181014.jpg

a0078106_21125570.jpg


紅葉見頃の良い時に行くことが出来ました
[PR]

by mum36 | 2010-11-11 20:53 | 写真

大峰山系 釈迦が岳

いつかは行きたいと思ってた大峰山系の釈迦が岳に行ってきました
神戸からは遠く、行くチャンスが少なかったお山です

早朝出発で旭からクネクネ曲がった道路で一気に高度を稼ぐと登山口に到着。
9時半には登山開始です。
a0078106_15142725.jpg


情報通りトイレは故障中でした

登山口の紅葉は見頃でキラキラ輝いていました
a0078106_15145766.jpg

ブナの黄葉紅葉も素敵
途中から落ち葉を踏みしめて歩く
案内してくれた友人はええやろぉ~♪
私達は良いねぇ、良いねぇ~の連発♪
友人曰く『天国の散歩道』
a0078106_15153618.jpg

お天気も良く、360度の大展望で大峰奥駆道もよく見えています
大日岳もよく見えていました

何度もカメラタイムは言うまでもありません
a0078106_15194727.jpg

途中の枯れ木で鹿ごっこをして遊び
a0078106_15155459.jpg

立ち木を見上げるとアカゲラのお食事中でした
a0078106_1516824.jpg


古田の森で鹿の家族に遭遇
一生懸命お食事中でした
a0078106_1517388.jpg

山頂直下の急登を過ぎると山頂の釈迦如来様にご対面です
この釈迦如来像は大正13年大峰一の強力として知られる『鬼政』の異名を持つ岡田雅行が3分割して1人で担ぎ上げたそうです
a0078106_15163461.jpg


神々しいお顔のお釈迦様は青空の下で私達を歓迎してくださいました

昼食後、同じルートで一気に下山

釈迦が岳は本当に素敵なお山でした
[PR]

by mum36 | 2010-11-06 14:59 | 山歩き

神戸森林植物園へ

紅葉にはまだ早いと思いながらも行ってきました。
長谷池周辺はわずかに赤く染まっています。
a0078106_16315776.jpg

a0078106_16321142.jpg

a0078106_16322457.jpg

a0078106_16331592.jpg

また、シアトルの森や天津の森あたりは黄葉紅葉が進み、丁度見頃でした
a0078106_16324127.jpg

祝日とあった沢山の家族連れなどで賑わっていました
[PR]

by mum36 | 2010-11-03 16:30 | 日記