木曽御嶽山 継子岳・摩利支天山へ

7/11~7/12
数日前から降水確率が刻々と変化し、中止だと思っていた木曽御嶽山に行ってきました。
今回は五の池小屋泊でゆっくりお花を楽しむ登山計画でした。

金曜日夜出発、東海北陸道飛騨清見ICで下車、道の駅『ななもり清見』で仮眠し濁河温泉登山口に到着。
登山口にはバイオトイレもあり、コースタイムは3時間半ですが、一気に高度を上げる為、睡眠不足の体には堪えました。
a0078106_22182919.jpg

登山道脇にはゴゼンタチバナの群生やコイワカガミ、マイズルソウなどが咲き始めていました。
a0078106_17152333.jpg

a0078106_17161131.jpg

飛騨小阪口登山道は自然林のルートでとても気持ちよく、楽しむことが出来ました。

五の池小屋に到着後、継子岳まで行く。
ハイマツ帯では雷鳥の親子がチョコチョコとすぐ側まで寄ってきてとても可愛い~

途中のコマクサの群生地は蕾が一杯でちょっと早かった・・・
でも、蕾が膨らんで今にも咲きそうなコマクサもありました。
まもなくピンク色に染まるでしょう~
a0078106_17171147.jpg

継子岳からは乗鞍岳、北・南・中央アルプスの山並みも見え、360度の大パノラマでした。
来て良かった
a0078106_17181826.jpg

a0078106_17204056.jpg

小屋に戻り、この日の宿泊客は15人ほど。。
夕食後、バタンキューで

翌日は摩利支天山へピストン。
小雨模様の中、高度を上げていくと雨も止み目の前に御嶽山剣が峰が迫ってきます。
a0078106_17192143.jpg

でも、摩利支天乗越から山頂までのルートは岩岩で怖かった。。
あらっ、ちゃんと迂回ルートがありました

9時、五の池小屋を後にして下山開始。
濁河温泉で汗を流し、一路帰神しました。

お天気の好転で雄大な眺めの夏山とお花を堪能しました
[PR]

by mum36 | 2009-07-11 21:56 | 山歩き

鯉が窪湿原

7/4に備中高梁市に行った時に行きたかった『鯉が窪湿原』ですが、時間が足りなく写真仲間4人で日を改めて行きました。

中国道東城ICで下車、10分ほどで到着です。
吉備高原の北辺の一部鯉が窪の上手、標高550mの所にある秘境です。
新見市哲西町にあります。
岡山と広島の県境まで車を走らせたことになりました。

a0078106_21361529.jpg

協力金として@200円支払い、中に入ると涼しい風が吹き、平日とあって貸切状態でした。
西の尾瀬沼とも形容される湿原です
a0078106_21364928.jpg

ノハナショウブ・ハンカイソウ・クサレダマ・シモツケソウ・カキラン・オカトラノオ等など確認出来ました。
5月頃にはリュウキンカが咲き、黄色で染まるそうです
a0078106_21495743.jpg

トキソウは終わり、これからはサワギキョウ・シラヒゲソウ・オグラセンノウなどが咲き始めると思います。

東海地方の葦毛湿原より規模は小さいですが、『鯉が窪湿生植物群落』として昭和54年国の天然記念物に指定され新見市哲西町が保護管理にあたっています。
9月始め頃までお花が入れ替わり楽しめると思います
[PR]

by mum36 | 2009-07-06 21:50 | 写真

備中高梁市

写真教室のツアーで備中高梁市に行きました。

備中松山城は貴重な山城として、高梁市のシンボルとして存在しています。
a0078106_21285347.jpg

a0078106_21311396.jpg

また、吹屋小学校は明治6年(1873)に開校し、同32年(1899)に吹屋尋常高等小学校と改称して、現在の場所に移転、木造平屋建の東校舎・西校舎が落成しました。
明治42年(1909)に建てられた木造2階建の校舎本館は、現在も小学校として使われています。
a0078106_21293094.jpg

吹屋ふるさと村の町並みは繁栄していた当時をしのばせるものでした。
a0078106_21324318.jpg

a0078106_2133743.jpg

出発時からアクシデントがあり、すべての工程を回ることは出来ませんでしたが、楽しい一日でした
[PR]

by mum36 | 2009-07-04 21:27 | 写真

海王丸・銀河丸出航

神戸メリケンパークに停泊していた帆船海王丸と汽船銀河丸が出航しました。
午後2時の出航時の登檣礼(とうしょうれい)を楽しみにしていましたが、新入生の為、今回は見られずとても残念でした。

セレモニーの後、沢山の見送りの方に送られて出航していきました。


・おじいちゃんに手を振って見送るおじょうちゃん
a0078106_21212898.jpg

・セレモニーの為下山
a0078106_21221424.jpg

・ヘルメットを振ってごきげんよう~
a0078106_21223430.jpg


a0078106_21253894.jpg

登檣礼とは
[PR]

by mum36 | 2009-07-03 21:18 | 日記