鯉が窪湿原

7/4に備中高梁市に行った時に行きたかった『鯉が窪湿原』ですが、時間が足りなく写真仲間4人で日を改めて行きました。

中国道東城ICで下車、10分ほどで到着です。
吉備高原の北辺の一部鯉が窪の上手、標高550mの所にある秘境です。
新見市哲西町にあります。
岡山と広島の県境まで車を走らせたことになりました。

a0078106_21361529.jpg

協力金として@200円支払い、中に入ると涼しい風が吹き、平日とあって貸切状態でした。
西の尾瀬沼とも形容される湿原です
a0078106_21364928.jpg

ノハナショウブ・ハンカイソウ・クサレダマ・シモツケソウ・カキラン・オカトラノオ等など確認出来ました。
5月頃にはリュウキンカが咲き、黄色で染まるそうです
a0078106_21495743.jpg

トキソウは終わり、これからはサワギキョウ・シラヒゲソウ・オグラセンノウなどが咲き始めると思います。

東海地方の葦毛湿原より規模は小さいですが、『鯉が窪湿生植物群落』として昭和54年国の天然記念物に指定され新見市哲西町が保護管理にあたっています。
9月始め頃までお花が入れ替わり楽しめると思います
[PR]

by mum36 | 2009-07-06 21:50 | 写真