阪神・淡路大震災から20年を経て(長文です)

a0078106_1525426.jpg


1995年1月17日午前5時46分、ガラス窓が揺れる大きな音と揺れで目が覚める
何事が起きたのか解らない。。。ガス爆発かな~と
頭近くの箪笥がガタガタと揺れ、主人が支えたが布団を被れ~との声で布団を被る
暫く、様子を見て娘や姑の部屋に行くと皆無事の様子。ホッ。。。

そうだ、玄関の戸を空けなければ!!
お向かいのご主人も出てきて、どこかに避難しましょうか?
いや、今出るのは危ないと思います。
玄関の戸を開けて避難口を確保
家の中は倒れている家財もなく、わずかに棚から湯のみが落ちてたのと娘のオーディオのアンプが倒れていた程度でした

テレビを付けると地震があったようで、震源地もよく解らない状態
しかし、神戸の揺れは相当なものでした。
後にマグニチュード7.2の直下型地震と判明
前日夜に広島方面の旅行から帰った所でした。
一日帰るのがずれていたらと思うとぞっとします

時々余震が来る中、夜が明けて取りあえず水と食料を確保しなくっちゃと思い、それぞれが買い物に走る。
娘達は団地のスーパーへ買い出しに行くが、電気が遮断されていたようで、シャッターが開かず、店員さん達は窓から出入りし、食料品を売っていたそうです。
私はバイクで名谷のダイエーまで買い出しに行くが、すごい行列で取りあえずお米は確保できました。

長田方面の火災の匂いや灰が漂って火が近くまで迫って来るような感じで非常に怖かった。
次々とテレビに映し出される画像は想像を絶するものでした。
阪神高速の橋けたが倒壊したり、あちこちで火の手が上がり、なすすべもなく佇んでいる人達。。。。

当時、上の娘は大学四回生で最後の単位を取るため、大阪、枚方市の大学まで行けるか解らず、船で大阪南港まで行き、友人宅に身を寄せていました。
また、卒業式を控えて三宮の貸衣装屋さんで着物、袴のレンタルをお願いしていましたが、たぶんダメだろう~と諦めていました。
しかし、後日電話をすると店は大丈夫なのでレンタル出来ますよ。と言われホッとする。

そして、下の娘は大学三回生でアルバイト先の三宮の中華料理店(第一楼)が全壊したようで、様子を見に行きました。

幸い我団地は堅い岩盤の上に建てられた団地で、ほとんど被害もなく、ライフラインもほぼ正常でした。
ガス、水、電気も通ってたので被害に逢われた友人に来て頂き、洗濯やお風呂、夕食等を提供しました。
そして救援物資が学園都市駅近くの大学に集約されているというので、娘と一緒に仕訳作業のお手伝いに行く。
山のように集められた物資の数々。ほ
本当にいろんなものがありました。。。
とてもありがたい品々、でも、中には誰も使えないだろうと言うような破けた衣料品等々。。。
お気持ちはありがたいんですよ、とても!!
その教訓で後日災害時に支援物資に対する注意書きが出来たと思われます。
全国各地からのご支援のおかげで今の神戸市が復興出来たと感謝しています
ありがとうございました。

その後、須磨駅方面まで様子を見る為、歩いて行くと山電月見山辺りのお店は道路上に倒壊してしました。
また、ガス漏れでガスの匂いが充満していました。
JR須磨駅の線路上には客車が横転し、その下をくぐって海岸沿いに出ました。
あちこちのビルは1階部分がペシャンコになり、下の車も潰れてすごい状況になっていました。

その頃、私は失職中でハローワークに行く日があり、三宮に出るとあちこちのビルが倒壊し壊滅状態です。
何だか泣けてきました・・・
それからの神戸の復興は目覚ましいものでしたが、まだ当時のまま残っている場所もあります。
お正月にポートライナーから見た景色見て上の娘があぁ~ここから船に乗って大阪まで行ったなぁ~と。。。

4年前の2011年3月11日に起きた東日本大震災も甚大な被害でしたが、一生のうちにこれだけ大きな災害が二度も起きるとは思ってもいませんでした。

震災後20年が過ぎて当時生まれた子供は成人になり、過ぎた歳月は早いですが、つい先日起きた災害のように思われます。
あれから、もう二十年と言う歳月が流れていますが、この記憶だけは忘れる事が出来ません
東日本も一日も早い復興をお祈りしています。
また、阪神淡路大震災で被害に逢われた方々のご冥福をお祈りします~合掌

神戸新聞【特集】阪神淡路大震災
[PR]

by mum36 | 2015-01-16 15:25 | 日記